よくあるご質問
ユーザーサポートを受けることは出来ますか?
ご契約いただいた会社様で設定いただく窓口担当者様は、メールでのサポートを受けることが可能です。
情報セキュリティマネジメントシステムには対応していますか?
DriveCheckerは、ISMS、Pマーク、社内監査、IT全般統制などで求められるファイル管理ポリシーに対応可能です。 詳細については各審査機関にお問い合わせください。
DriveCheckerで複数ドメインは運用可能でしょうか?
Google Workspace(旧 G Suite )では、プライマリドメインとセカンダリドメインを併せた1社としての登録が可能ですが、 DriveCheckerの現機能では、別々なドメインとしての登録が必要となります。
DriveChecker を利用していると運営会社にデータが見られてしまうのでしょうか?
お客様のデータは基本的にファイル名や権限情報のみが取得され DriveChecker のデータベースに保存されます。 この様な仕組みのため、運営会社がデータを閲覧する事は不可能です。
トライアルを終了した際、データはどうなりますか?
トライアル終了後30日以内に、該当のお客様に関するデータは全て DriveChecker から完全削除されます。 Googleドライブ内のデータは DriveChecker の利用終了で削除されることはありません。
どのタイミングで課金されますか?
初回契約では、ご利用開始月の翌月からの計算で、ユーザー数×12ヶ月分のご請求をさせていただきます。 契約期間中に、ユーザーが追加された場合、その都度、年間契約の残月数分を月割計算でご請求させていただきます。 年間更新の場合、更新月に存在する Google Workspace(旧 G Suite )ユーザーをご利用しているユーザーアカウント数全数で計算のうえ年間費用をご請求させていただきます。
次年度の更新方法はどうなりますか?
契約満了日の約30日前後に、更新可否のご確認を経理担当者様(登録が無い場合システム担当者様)にメール連絡いたします。
ユーザー数の計算はどうなりますか?
Google Workspace(旧 G Suite )ユーザーをご利用しているユーザーアカウント数全数が対象となります。 ※Googleグループのグループアドレスは数量として含みません。
ユーザーを追加した場合どうなりますか?
毎月の月末時点で存在するユーザーが前月より多かった場合、ご利用料金×年間契約月までの残月分を月割りでご請求いたします。 特に事前通知はしませんのでご注意ください。 追加があった場合、請求書を経理担当者様へメール連絡します。 ※経理担当者様のご登録が無い場合、システム担当者様へのご連絡となります。
途中ユーザーを削除した場合、支払い済みの料金はどうなりますか?
年間契約でご利用枠を確保いたしますので、途中返金はございませんが、ご契約ユーザー数枠内でのユーザー削除と作成の場合には、追加料金は発生いたしません。
初期登録にはどんな手順が必要ですか?
Google Workspace(旧 G Suite )の特権管理者で、GoogleのAPI管理画面にアクセスし、設定を行っていただく必要がございます。 本サイトのお申込みフォームから、お申込いただいたのちに詳しい方法を設定マニュアルにてご案内させていただきます。 ※約5分程度で完了する簡単な作業です。
DriveCheckerの初期登録には特権管理者なら誰でも大丈夫でしょうか?
特権管理者様ユーザーであれば登録は可能です。 なお、DriveCheckerをご利用する際、特権管理者様ユーザーは Google Workspace(旧 G Suite )内に存在し続ける必要がございます。 そのため、出来るだけ、退職などの影響が無い、代表アドレスや社長様アドレスなどでのご登録を推奨いたします。 特権管理者のアドレスを変更する場合、データ取得が停止しますので、基本的にはアドレス変更が出来ないものとお考えください。